自家焙煎コーヒー店のススメ。コーヒーの真の美味しさは「甘さ」にあり!

2019-05-18自家焙煎コーヒー

どうも!しまてぃです!

突然ですが、ひとつ質問させてください。

あなたは砂糖もミルクも入れていないブラックのコーヒーを飲んで、甘いと感じたことがありますか?

Right Caption
あなた
しまてぃはおバカさんだなぁ、コーヒーは苦いに決まってるじゃん!

と、思われたでしょうか。

わたし自身も、自家焙煎コーヒーに出会うまでは苦いものこそコーヒーだと思い込んでいましたからその感覚は当然だと思います。

でもある時、自家焙煎コーヒー店でのこと。

コーヒーの中に「甘さ」を見つけた瞬間がありました。

それもキャラメルのような濃厚な「甘さ」です。

それはもう衝撃的で、あまりにも甘かったので思わず自分の舌がおかしくなったのかと錯覚したくらいです。

衝撃的な体験をしたその時から、完全にコーヒーに対する意識が変わりました。

東京にある「THE COFFEESHOP」という自家焙煎コーヒー店が運営しているブログの『スペシャルティコーヒーの『甘さ』とはなにか』という記事では、コーヒーの「甘さ」だけで1記事になっているくらいです。

それほどまでにコーヒーの美味しさを決めるポイントである「甘さ」とは一体なんなのでしょうか?

コーヒーの「甘さ」を意識するだけで、今までとは全く違う景色が見えてきますよ!

スペシャルティコーヒーの定義

そもそも、スペシャルティコーヒーって一体なに?ということですが、

一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会に「スペシャルティコーヒーの定義」が書かれています。

『スペシャルティコーヒーとはどんなコーヒーか』

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。


風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。


カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。(From seed to cup


具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。


そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。


さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。


日本スペシャルティコーヒー協会は、生産国から消費国にいたるコーヒー産業全体の永続的発展に寄与するものとし、スペシャルティコーヒーの要件として、サステナビリティとトレイサビリティの観念は重要なものと考える。

一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会 スペシャルティコーヒーの定義

少し長くてわかりにくいですので、めちゃくちゃわかりやすいように要約します。

「安心して美味しいコーヒーが飲めるように、生産者の顔が見えるようにしてコーヒーの栽培状況とか生産工程を開示しましょうね。

そしてコーヒー豆の輸送から保管、焙煎に至るまでの全ての工程においてそれぞれのプロが品質管理を徹底して、すっごく美味しいコーヒーを飲んでもらいましょう。

コーヒー農家さんがこれからもずっと品質の良いコーヒー豆を栽培できるようにちゃんと評価して、それなりの対価(お金)で取引しましょう。

すっごく美味しいコーヒーは、爽やかで明るい酸味を持っていて、後味は甘さが残ります。

と、簡単にまとめるとこういうことが書いてあります。

とは言ってもなかなかピンとこないと思いますので、今はなんとなーくのニュアンスを掴んでもらえたらOKです!

それよりも最後の一文に注目してください。

すっごく美味しいコーヒーは、爽やかで明るい酸味を持っていて、後味は甘さが残ります。

ここには、皆さんが知っているコーヒーの「苦味」については一切書かれていません。

美味しいコーヒーには「良質な酸味」があり、「甘さ」を感じる、と書いてあります。

この時点で、今までのコーヒーの概念がひっくり返りそうです。

もちろん、コーヒーは嗜好品ですので味の好みというのは少なからず存在しますよ!

コンビニコーヒーはどうなの?

今では、各コンビニで100円で挽きたての美味しいコーヒーが飲めるようになりましたよね。

近年のコンビニコーヒーはクオリティが高い

コーヒーについての理解が深まってくると、たった100円でこのクオリティのコーヒーが飲めるのがどれだけすごいか、よくわかってきます。

美味しいには美味しいのですが、先ほどのスペシャルティコーヒーの定義と照らし合わせると、どうも良質な酸や甘味というものは感じにくいと思います。

というのも、コンビニコーヒーは大量に流通することが前提になっていますので、質<量という図式になってしまうんですね。

そのおかげで、そこそこのクオリティのコーヒーが安く飲めるのでそれは大きなメリットですね。

でもスペシャルティコーヒーは質>量です。

徹底した品質管理が求められるので、大量生産はできませんがその分最高に美味しいコーヒーが飲める、というわけですね!

調べたら意外と出てくる自家焙煎コーヒー店

ではそのスペシャルティコーヒーを飲むにはどこに行ったらいいのか?

それは、自家焙煎コーヒー店です。

自家焙煎コーヒー店とは、そのお店でコーヒーの生豆(なままめ)を焙煎しているお店です。

私たちが普段目にするコーヒー豆は、焙煎といって熱を加えることで茶色い豆になります。

焙煎されたコーヒー豆

熱を加える前は生豆(なままめ)といって、白っぽいような緑っぽいような色をしていて、すごく土臭いです。

焙煎される前のコーヒー豆(生豆)

自家焙煎コーヒー店は、いろんなコーヒー生豆を仕入れて、自分のお店で焙煎をしています。

そうすると何がいいのか?それは、

  • そのお店が最もおすすめする味で提供することが可能
  • 新鮮なコーヒー(美味しいコーヒー)を提供することができる

ということに尽きると思います。

コーヒーというのは鮮度が命ですから、一般的には焙煎してから2週間ほどが美味しく飲める期限といわれています。

それを過ぎると、香りや味が落ちていってしまうので物足りない感じになっちゃうんですね。

でも自分のお店で焙煎をしていれば、常に焙煎したての新鮮で美味しいコーヒーを提供できますからその点はばっちりカバーできます!

そしてもちろん、自家焙煎コーヒー店は焙煎のプロですから、「良質な酸」と「甘さ」を引き出せるような焙煎をしています。

自家焙煎コーヒー店の調べ方は、「地域名」+「自家焙煎コーヒー」で検索してみてください。

今まで気にしてなかったかもしれませんが、意外と近くにあったりしますよ!

自宅でコーヒー焙煎する前に知っておきたい用語と知識を解説します!!』の記事で、焙煎度合いの違いによる味の違いの解説をしていますので、合わせて読んでいただくと知識が深まります!

最初におすすめのコーヒー生産国はグアテマラ

先に断っておきますが、コーヒー豆の生産国によってある程度味の傾向はわかりますが、生産農園、生産処理方法、豆の品種、焙煎度合いなどによって味は変わる、ということだけ知っていてください。

その上でおすすめしたいのが、グアテマラのコーヒーです!

グアテマラのコーヒーは花のようなフローラルな香り、柔らかい酸味、はちみつのような甘さが特徴で、比較的どこの自家焙煎コーヒー店でも置いてあるメジャーなコーヒーです。

飲む際には少し口の中にコーヒーを含んで、酸味や甘味を探しながら飲んでみてください。

その存在に気づいた瞬間、本当のコーヒーの美味しさに出会えますよ〜!!

自家焙煎コーヒー店のススメまとめ

本当の美味しいコーヒーとは、「良質な酸味」と「甘さ」を持っている、ということを知っていると、これからコーヒーを飲むときに一つの判断材料になりますね!

最近では自家焙煎をしているお店もたくさんありますので、近くにそういったお店がないか探してみてください!

そして最初はぜひグアテマラのコーヒーでその美味しさを見つけてくださいね!

自宅でコーヒー焙煎する前に知っておきたい用語と知識を解説します!!』の記事も合わせて読んでいただくと、自家焙煎コーヒーへの理解が深まりますのでおすすめです!