コーヒーのカッピングは初心者こそやるべきたった一つの理由

2019-05-18自家焙煎コーヒー

味覚トレーニングで表現の幅は広がる!

どうも!自宅焙煎初心者のしまてぃです!

さっそくですが、自家焙煎コーヒー店でこんな経験はありませんか?

Right Caption

あなた

「花のような」とか「はちみつみたいな」とか味の表現されてもよくわからん…本当にそうなの?

自家焙煎コーヒー店でなくても、スタバでコーヒーを頼んだ時に店員さんが「◯◯のような風味を感じるコーヒーです」と説明してくれたりします。

そう言われてもよくわからん…自分の味覚がおかしいのか?

と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

わたしも全然わからず、「あー確かに」とか言ってごまかしてました笑

原因は味覚のせいではなく、そのフレーバーを「知らない」だけなんです!

そこでわたしがおすすめしたいのが、カッピングを習慣にして味覚トレーニングをする、というものです!

最初に断っておきますが、決して難しいものではないので力を抜いてご覧ください!!笑

今回は焙煎初心者ほどカッピングを習慣づけるべきと考える理由と、カッピングの手順について説明していきます!

カッピングはCOEでも味の判断の為に取り入れられている

普段コーヒーを飲むときは、ペーパードリップで淹れている方が多いと思います。

ですが、使っているドリッパーで味は全然変わりますし、湯の温度、ドリップの仕方でも味は大きく変わります。

淹れる人や物によって味が変わってしまっては、コーヒーの味を正確に判断することは難しくなります。

そこで役立つのが「カッピング」というテイスティング方法です!

スペシャルティコーヒーの国際品評会であるCup of Excellence(カップオブエクセレンス=COE)でも取り入れられている手法ですから、味の判断をするためにはうってつけなのです!

詳しくは後述しますが、使用する豆の量、湯の温度、注湯量、淹れ方などは一定ですので誰がやっても同じ味になります。

条件が同じであれば味がブレることはありませんので、味覚トレーニングをするには最適ですね!

いろんな味を知って表現に慣れることに意味がある

自宅焙煎初心者ほどカッピングをするべきと考えるたった一つの理由。

それはカッピングをすることでコーヒーの味を正確に感じることができ、知っている味を増やすことができるからです。

正確に」というのが大事です。

筋トレも間違った方法でやると思ったような効果が出ないように、味覚トレーニングも正確な味を知れる方法でやるからこそ意味があるのです。

そしてそのコーヒーが美味しいのか美味しくないのかを判断するためには、比較ができなければいけません。

だからいろんな味を知っている、ということはそれだけでも財産になるんです。

もちろん、自分が焙煎したコーヒーだけではなく、お店で買ってきた豆でも構いません。

むしろプロが焙煎したものと、自分が焙煎したもの両方を知っている方がいいですね。

比較することで香りや味、アフターテイスト(後味・余韻)などの違いが見えてくると思います。

そういった「味を正確に知る」トレーニングを日々行うことによって、美味しいコーヒーがどういうものかがわかり、味の表現方法が広がってくると考えています。

自家焙煎コーヒー店に行くと、こんなコーヒーの表現を目にすると思います。

「オレンジのような」「花のような」「はちみつのような」「スパイシーな」「チョコレートのような」「爽やかな酸味」など……

わたしはまだまだトレーニング中ですので、そんな表現をされても「なんとなくわかる気がする」程度です。

でも最初の頃は「苦い」「酸っぱい」くらいしかわからなかったんです。

そのときから比べるとフレーバーの表現を見て味のイメージが湧くようになりましたので、効果は出ていると実感しています。

カッピンググラス・カッピングスプーンはダイソーで買える

まずはカッピングに必要なものをチェックしましょう!

  • カッピングスプーン
  • カッピンググラス(200ml程度の容量がベスト)
  • タイマー
  • アク取り用の容器

これだけです!

カッピングスプーンはスープを飲む時に使う丸いスプーンを想像してもらうとわかりやすいでしょうか。

柄が長く、すくう部分が丸くなってるやつです。

カッピングをするにはスープをすするように勢いよく吸い込む必要がありますので、できれば専用のものを用意したいところです。

でもいきなりスプーンに1000円前後もお金をかけたくないと思います。

そんなときはダイソーで、「スープを美味しく食べるスプーン」を買ってください!

ダイソーのスープを美味しく食べるスプーン

新潟県燕市で作られているのですが、燕市といえば世界レベルの鍛治技術が集結している街で有名です!

そんな燕市で作られたスプーンがダイソーで買えるなんてさすがの一言……

カッピンググラスも専用のものが売られていますが、ダイソーで一緒に買うと楽です。

私はこのような耐熱のビーカータイプのものを買いましたが、メモリがついているので一目で量がわかって便利ですよ!

ダイソーの耐熱ビーカーとスープを美味しく食べるスプーン

カッピングの手順

まずは以下に流れだけを書いていきます

1、豆を10g中粗挽きで挽いてカッピンググラスに入れる

2、挽いた豆の香りを嗅ぐ(ドライ

挽いたコーヒーをカッピンググラスに入れる

3、沸騰したお湯を150ml入れる(タイマースタート)

沸騰したお湯を150ml入れる

4、2分後に表面に浮いてる豆の香りを嗅ぐ(クラスト

2分後に表面に浮いている豆の香りを嗅ぐ(クラスト)

5、4分後にカッピングスプーンで3〜4回攪拌するように豆を沈めて香りを嗅ぐ(ブレイク

4分後にカッピングスプーンで3〜4回攪拌するように豆を沈めて香りを嗅ぐ(ブレイク)

6、表面に浮いているアク(泡)と豆を丁寧に取り除く

表面に浮いてるアクと豆を丁寧に取り除く

7、カッピングスプーンの半分くらいまでコーヒーをすくい勢いよくすする

カッピングスプーンの半分くらいまでコーヒーをすくい勢いよくすする

8、コーヒーが冷めるまでカッピングを続ける

香りを嗅ぐタイミングは3回ある(アロマのチェック)

カッピングでは香りを嗅ぐタイミングが3回あります。

  • 粉の状態で香りを嗅ぐドライ
  • お湯に触れてる豆の香りを嗅ぐクラスト
  • コーヒー液から立ち上る香りを嗅ぐブレイク

です。

面白いことに、3回とも微妙に香りが異なるのでそれぞれで感じた表現をしていきます。

「ナッツみたい」「花のようなフローラルな感じ」「柑橘系の香り」などなど、正解不正解は気にせず感じたままに表現していいです。

だってトレーニングですから!

ちなみにブレイクするときは、豆を沈めた瞬間に一気に香りが立ち上ってきますので極力カップに鼻を近づけた状態で行ってください!

味(フレーバー)のチェックをする

香りのチェックが終わったら今度は味のチェックをします!

カッピングスプーンの半分くらいまでコーヒーをすくい、口全体に拡散させるイメージで思いっきりすすります。

そうすると香りや味が広がり鼻からも抜けていきますので、より立体的に味を感じることができます。

ここでも正解不正解なんて一切気にせず、感じたままの表現をしてください!

「チョコレートみたいな甘さ」「ワインのような風味」「オレンジのような酸味」「渋みがある」「飲みごたえがない」

なんでもいいです。

何度でも言いますが、トレーニングですからね!

ちなみにコーヒーは熱い時と冷めたときで味が変わります。

冷めた時ほどコーヒーの特徴が出ますので、必ず冷めるまで続けてください。

繰り返すことで表現方法が豊かになる

とはいえ、自分で感じた香りやフレーバーが本当にそうなのか?と不安になりますよね。

そんなときは、ネットで「銘柄(生産国) + コーヒー +感じた表現」で検索してみてください。

例えば「エチオピア コーヒー ワイン」のような感じです。

そうするとそのコーヒー豆の特徴が出てきますので、他の人も同じように感じているか?

と答え合わせができます。

これを繰り返すことで、アロマやフレーバーの表現が広がっていきます。

そうするともっとコーヒーを楽しむことができるようになりますので、早いうちから慣れておくことをおすすめします!

もっと知識を深めたい方は関連記事もご覧ください♪