欠点豆をハンドピックしてわかった!こんな豆が入ってるコーヒーは飲みたくない!

2019-05-18自家焙煎コーヒー

どうも!しまてぃです!

ネットでは「美味しいコーヒーのためにハンドピックをしましょう!」と頻繁に言われていますが

Right Caption

あなた

家で焙煎したり買ってきたコーヒー豆を挽く前にハンドピックしなきゃいけないみたいだけどメンドクサ……
 

ってなりがち。

Right Caption

あなた

どうせ自分にはそこまで味わかんないし別にいっか……!

って思ってしまうのもすごくよくわかります。

そんなこと言われてもどうせ味わかんないし!と思ってそこまで重要視していなかったハンドピック。

でも今回、生豆をたくさん仕入れたので一度ちゃんとハンドピックしてみようと思ってやり始めたら、まぁー欠点豆が出てくること。

欠点豆を取り除かなかったらこんな豆も一緒に飲むのか……と思ったらちょっと気分悪くなってきたくらいですので、改めてハンドピックの重要性を認識した次第です。

実際に欠点豆がどういうものかを見てみるとその大切さがわかると思いますので、種類別に見ていきましょう!

欠点豆とは「風味に悪影響を与える豆」

今回ハンドピックするにあたり、大阪にある自家焙煎コーヒー豆通販店「WINGBEAT COFFEE ROASTERS」さんの『欠点豆の種類とコーヒーの風味に与える影響』という記事を参考にさせていただきました。

すごく見やすくて丁寧に書かれているので、とても参考になりました。

欠点豆を見ていく前に、正常な生豆を見ておいた方がその違いがよくわかると思いますのでご覧ください。

よく見る茶色いコーヒー豆の白いバージョンって感じですね。

欠点豆の種類その1:欠豆

欠点豆「欠豆」

ご覧の通り、欠けてしまっている豆ですね。

コーヒーチェリーから取り出した豆を洗ったり、薄皮を取り除いたり乾燥する工程を精製というのですが、その精製過程であったり運搬中に欠けてしまった豆です。

味には影響はないとのことですが、生豆、焙煎豆共に見た目は良くありません。

個人で飲む程度であればそこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、取り除いておきたいですね。

欠点豆の種類その2:貝殻豆

欠点豆「貝殻豆」

貝殻のようにくぼみができてしまっているのがその名前の由来ですかね。

「焙煎する」というのは、豆の中に含まれている水分を抜き、熱を与えることでコーヒー豆に含まれる成分を美味しい成分に変えていく工程です。

なのでこのような貝殻豆が入っていると、焙煎本来の役割が果たせないので焦げやすかったり、味のないコーヒー豆になってしまうと推測できます。

これは個人でやる場合も取り除いた方が良さそうです。

欠点豆の種類その3:生育異常豆

欠点豆「生育異常豆」

だいぶ形がいびつですので、ハンドピックしていても目につきます。

正常に生育できなかったために形がゆがんでしまっているので、当然コーヒー豆に含まれる成分も正常ではないことが推測できます。

えぐみや青臭い風味になるそうなのでこれもしっかり取り除きましょう。

欠点豆その4:発酵豆

欠点豆「発酵豆」

正常なものと比べるとだいぶ茶色く発酵しています。

コーヒー豆って、コーヒーノキという木になる実の「種」なのですが、実から取り出した直後の種ってヌメヌメしてるんですね。

梅干しから種を取り出すとヌメヌメしてると思うのですが、そんなイメージです。

そのヌメヌメを除去するのに発酵槽というプールでバクテリアの力を借りるのですが、そこで発酵させすぎるとこのような欠点豆が出てしまう、ということです。

嫌なすっぱさが出るとのことなので必ず取り除いておきたいですね。

よく「酸味のあるコーヒーが苦手」というのに対して「新鮮な豆じゃない(劣化した豆を飲んでる)から」という回答がありますが、もしかしたら発酵豆のような欠点豆の影響もあるのかもしれません。

欠点豆その5:カビ豆

欠点豆「カビ豆」

もっとも衝撃的だったのがこのカビ豆。

もう味うんぬんより単純に気持ち悪いです。

こんな豆が入ってるコーヒー飲みたいですか?

わたしはいくら自分で楽しむだけといっても絶対イヤです。

これを見た瞬間、欠点豆を「取り除かないといけない」という義務感ではなく「取り除きたい」という能動的なものに変わりました。

あー気持ち悪い。

欠点豆その6:虫食い豆

欠点豆「虫食い豆」

見た目はカビ豆ほどグロさはないですが、虫食いってだけでやっぱり良い気持ちはしないですよね。

美味しい部分を虫に食べられてしまってるかもしれないので、味に与える影響もありそうですね。

よく見ないとわからない虫食いもありますので、結構神経使ってチェックしています。

番外編:ピーベリー

ピーベリー

通常コーヒーの実には種(コーヒー豆)が2粒入っています。

平らな部分が向き合うようにして2粒入っているのですが、まれに種(コーヒー豆)が1粒しか入っていないことがあり、それを「ピーベリー」といいます。

見ていただくとすぐ分かりますが、平らな部分がなくラグビーボールのように全体的に丸っこい形をしています。

ピーベリーは全体の収穫量の3〜5%しか取れないこともありレアな豆として人気があり、味も通常の豆と比較すると「甘くて美味しい」と評判です。

通常2粒に分散する栄養や成分が1粒に凝縮されていると推測されたり、その形状から全体的に火が通りやすいから甘みが出やすい、などと言われています。

まとめ

欠点豆が混入することで味が変わってしまうのはもちろん避けたいところですが、それ以上にハンドピックを怠ることでカビ豆など見た目が気持ち悪いものを一緒に飲むことになります。

それって単純に嫌ですよね…

しっかりとハンドピックすることで気持ちよく、そして美味しいコーヒーが飲めますので愛情を込めてやってあげてくださいね〜!

関連記事も一緒にごらんください♪