山の幸でつくる田舎寿司が話題!高知県民の知恵が詰まった優しい味にほっこりする

2019-06-25田舎暮らし

心掴まれる田舎寿司とは

どうも!しまてぃです!

お寿司っていうと海鮮を想像される方が多いと思いますが…

高知の山間部では魚が手に入りにくいので、身近にある山菜をお寿司にしてご馳走にするという昔の人の知恵が詰まった田舎寿司。

2019年6月13日放送の秘密のケンミンショーでも取り上げられ、ツイッターでも話題入りしています。

そんな田舎寿司は私の住む町、津野町が発祥とのことで詳しく見ていきたいと思います!

田舎寿司とは

田舎寿司とは、山の幸をネタに使い柚子酢が効いた酢飯を使うのが特徴です。

お寿司のネタとしては、

  • こんにゃく
  • リュウキュウ(ハスイモ)
  • みょうが
  • たけのこ
  • しいたけ

が一般的です。

田舎寿司

酢飯の中に山菜を混ぜ込むことはあっても、お寿司のネタとして山の幸を使うことは非常に珍しく、そのカラフルな色合いからSNSでも人気です。

また先ほど田舎寿司は津野町が発祥と書きましたが、1986年に津野町の女性たちが全国コンクールに県代表として出品する際に名付けたそうです。

コメがごちそうだった高知県

高知は県土の約84%が森林と、全国で最も森林率の高い県です。

平野部が少ないので広い田んぼも少なく、豊富にお米が取れない高知県民にとってコメはごちそうです。

そんなこともあって高知県ではなんでもおすしにする文化があったそうですが、山間部では海の幸が手に入らないので身近な山の幸をネタにしてきたのが田舎寿司の始まりだそうです。

昔の人の知恵はすごい……!

田舎寿司は素朴だけど懐かしい味

そんな田舎寿司は、派手な美味しさはありません。

ただ、おばあちゃんの家に帰ったような、懐かしい感覚に陥る素朴な味で心が温まる感じがします。

優しい柚子酢が効いた酢飯に歯ごたえのある山菜、カラフルな色合い、どれをとっても楽しめる郷土料理です。

スーパーや道の駅、高知空港の売店などでも手軽に購入することができるので高知に旅行に来られる際にはわざわざ探してみてください。

田舎らしい、自然を感じる見た目と味に心を掴まれること間違いなしです!

田舎寿司の作り方

とはいえ、家で作ってみたい!

と思われる方もいらっしゃると思いますので、田舎寿司の作り方をご紹介します!

今回はすべて4人分のレシピとしてご紹介します!

すし飯の材料

  • 米 – 4合
  • 柚子酢 – 25ml
  • しょうが – 30g
  • いりごま – 15g
  • ☆穀物酢 – 80ml
  • ☆砂糖 – 70g
  • ☆塩 – 12g

すし飯の作り方

  1. お米を炊く時の水は、半目盛りほど少なめにします。
  2. しょうがを細かく刻み、柚子酢と☆の材料を混ぜ合わせておく
  3. ご飯が炊けたら大きな桶などに入れて、(2)とよく混ぜ合わせる
  4. いりごまをまぶして完成!

甘酢の作り方

  1. 穀物酢 – 120ml
  2. 柚子酢 – 40ml
  3. 砂糖 – 65g

上記全てをボウルに入れてよく混ぜ合わせる

こんにゃくずしの材料

  • 板こんにゃく – 1枚
  • だし汁 – 280ml
  • 砂糖 – 25g
  • 醤油 – 20g

*板こんにゃくは4等分にし、半分の薄さに切っておきます。

こんにゃくずしの作り方

  1. こんにゃくの横に切れ目を入れて袋状にする
  2. 30秒ほど茹でたあと、水にさらす
  3. だし汁、砂糖、醤油、こんにゃくを鍋に入れて沸騰するまで強火にかける
  4. 沸騰したら弱火にして15分ほど煮る(汁気が少なくなるまで)
  5. いなり寿司のようにこんにゃくの中にすし飯を詰めて完成!

リュウキュウずしの材料

  • リュウキュウ – 20cm程度
  • 塩 – リュウキュウに満遍なくまぶせる程度
  • 甘酢 – リュウキュウが浸かる程度

リュウキュウずしの作り方

  1. 巻きすの長さに合うようにリュウキュウの長さを揃え皮をむく
  2. リュウキュウにたっぷりの塩をまぶし、水が出るまで放置
  3. 水が出たらよく絞り、10分〜15分程度水にさらす
  4. リュウキュウを固く絞り水気をとったら10分ほど甘酢に漬ける
  5. 巻きす→リュウキュウ→すし飯の順で乗せて、巻きすで形を整える
  6. 一口サイズに切ったら完成!

みょうがずしの材料

  • みょうが – 4個
  • 塩 – 2つまみ程度
  • 甘酢 – みょうがが浸かる程度

みょうがずしの作り方

  1. みょうがを縦半分に切り、断面側に縦に切れ込みを入れる
  2. 10秒ほどみょうがを茹でたら塩を振る
  3. みょうがを半日ほど甘酢に漬け込む
  4. 切れ込みを入れたところからみょうがを開き、すし飯に乗せて握ったら完成!

たけのこずしの材料

  • 茹でたたけのこ – 120g
  • だし汁 – 240ml
  • 砂糖 – 30g
  • 醤油 – 30g

たけのこずしの作り方

  1. たけのこの節を切り取る
  2. 鍋にたけのこ、だし汁、砂糖、醤油を入れて沸騰するまで強火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして5分ほど煮る
  4. 火を止めて2〜3時間程度寝かせる
  5. 巻きす→たけのこ→すし飯の順で乗せて、巻きすで形を整える
  6. 一口サイズに切ったら完成!

しいたけずしの材料

  • 干ししいたけ – 4枚
  • だし汁 – 240ml
  • 砂糖 – 30g
  • 醤油 – 30ml

しいたけずしの作り方

  1. 干ししいたけを水で戻し、いしづきを取り除く
  2. 鍋にしいたけ、だし汁、砂糖、醤油を入れて沸騰するまで強火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして20分ほど煮る
  4. しいたけにすし飯を乗せて丸く握ったら完成!

まとめ

田舎寿司はふつうのお寿司ほど作るのは難しくありませんので、家でも気軽に作って食べれるのが嬉しいですね!

ちょっとしたお祝いに、特別な日に、田舎寿司を作ってみると喜ばれること間違いなしですよ〜♪