高知観光の本当の穴場教えます!高知一周旅をした夫婦が見どころを紹介!

観光

高知観光の本当の穴場ここに網羅

どうも!しまてぃです!

高知に移住をしてから「大自然」とはこういうことか……

というのをまざまざと感じているほど「自然」とか「絶景」を感じられるのが高知県の魅力。

移住先の津野町にも四国カルストや四万十川源流点などの大自然を感じられるスポットはありますが、もっと高知全体を知りたい!

と思って、7日間かけて高知県を車中泊で一周してきました。

特に四万十川の始まりの場所、源流点を見ているので

Left Caption

しまてぃ

196km先の四万十川河口はどうなっているのか見てみたい……!

という思いも強く、旅の前半では四万十川源流〜河口までの旅も。

そんな旅の中で感じた絶景や美味しい食べ物を皆さんにも知っていただきたいと思い、ここにまとめたいと思います。

日程別に記載して行くので、高知旅行のモデルルートとしても参考にもなるかと思います!

車中泊をしながら旅を検討されている方にもぴったりの内容になっています!

1日目:四万十川上流〜中流域

【目的地】

  • 海洋堂ホビー館
  • 海洋堂かっぱ館
  • 岩間沈下橋
  • 道の駅とおわ(おちゃくりカフェ)
  • 宿毛(すくも)リゾート椰子の湯
  • 道の駅すくも

旅の出発点は「四万十川源流点」のある町であり、移住先の津野町から。

四万十川沿いに19号線を走り、中流域の四万十町、宿毛(すくも)市へ。

海洋堂ホビー館

外観からかなりインパクトのある建物ですが、海洋堂は食玩やガチャガチャのフィギュアを作っている会社です。

海洋堂ホビー館 外観

海洋堂が過去に作ったレトロなフィギュアもたくさん展示されているので、昔話にめちゃくちゃ花が咲きます!

海洋堂ホビー館 内観

ガチャガチャもたくさん置いてあったり、アベンジャーズだったりディズニーのフィギュアも買うことができるのでファンにはたまらない場所です。

海洋堂ホビー館 アベンジャーズ フィギュア
海洋堂ホビー館 ディズニー フィギュア

[住所]高知県高岡郡四万十町打井川1458-1

[TEL]0880-29-3355

[営業時間]10:00〜18:00(3月1日〜10月31日)
10:00〜17:00(11月1日〜2月29日)

[定休日]火曜日(火曜祝日の場合、翌日水曜休館)、年末年始

[駐車場]有り(無料)

[備考]入館料 大人(高校生以上) 800円
        子供(小・中学生) 400円
        幼児      無料

    ホビー館・かっぱ館共通入館料 大人(高校生以上) 1200円
                   小・中学生    600円
未就学児     無料

海洋堂かっぱ館

ここには木彫りのかっぱや全国から公募されたかっぱたち1300体以上が展示されているちょっと不思議な空間。

海洋堂かっぱ館 外観

なぜかっぱなのか?ということですが、どうやら四万十町には「かっぱ伝説」があったそう。

昔はかっぱが実在して、「かっぱを見たことがある!」という話があるとか。

異様な外見とは裏腹に、中はすごくきれいでオシャレな空間になっていて、かっぱが本当にそこで生活しているのでは?と思うくらいリアリティがあります。

海洋堂かっぱ館 内観

野球をしているかっぱ、かまどで火を焚いているかっぱ、水道から出てくるかっぱなどなど…

海洋堂かっぱ館 外のかっぱ

見れば見るほど可愛らしくて、小規模な施設ですが思わず長居してしまうほどです!

[住所]高知県高岡郡四万十町打井川685−1

[TEL]0880-29-3678

[営業時間]10:00〜18:00(3月1日〜10月31日)
10:00〜17:00(11月1日〜2月29日)

[定休日]火曜日(火曜祝日の場合、翌日水曜休館)、年末年始

[駐車場]有り(無料)

[備考]入館料 大人(高校生以上) 500円
        子供(小・中学生) 300円
        幼児      無料

    ホビー館・かっぱ館共通入館料 大人(高校生以上) 1200円
                   小・中学生    600円
未就学児     無料

岩間沈下橋

岩間沈下橋は2017年11月に、沈下橋そのものが川に沈んでいるのが発見され、沈下橋の一部が無くなっているため通行止めとなっています。

Left Caption

しまてぃ

沈下橋渡れないのか……残念……

と思いましたが、岩間沈下橋を上から眺めることができる「岩間四万十茶屋」に行けばそんな不満も吹っ飛びます!

なんと岩間四万十茶屋には、沈下して撤去された沈下橋の一部がイスとして設置されていて、そこに座りながら岩間沈下橋を眺めることができます。

岩間沈下橋

なかなかの絶景を味わえるのでオススメの沈下橋のひとつです。

[住所]高知県四万十市西土佐岩間

[駐車場]有り(岩間四万十茶屋に20台)

道の駅とおわ(おちゃくりカフェ)

道の駅とおわには

  • とおわ市場(お土産・産直)
  • とおわ食堂
  • とおわのアイス屋さん
  • おちゃくりカフェ

が入っています。

特におちゃくりカフェはインスタスポットとしても有名で、目の前を流れる雄大な四万十川を眺めながらコーヒーやモンブランをいただくことができます。

道の駅とおわ おちゃくりカフェ インスタスポット
道の駅とおわ モンブラン コーヒー

とおわ食堂は普段は定食や麺類がメニューに並びますが、毎週日曜日にはバイキングを実施しています!

四万十町名物の「原木しいたけ」をふんだんに使った料理もたくさん並び、あまりの美味しさに食べ過ぎてしまいました……笑

道の駅とおわ とおわ食堂 バイキング

野菜中心のヘルシーな料理が多いので、食べ過ぎても後悔は少ないはずっ……!

[住所]高知県高岡郡四万十町十和川口62-9

[TEL]0880-28-5421

[駐車場]有り(無料)

とおわ市場

[営業時間]8:30〜17:00

とおわ食堂

[営業時間]11:00〜15:00 (ラストオーダー 14:30)

[備考]毎週日曜日はランチビュッフェ開催

とおわのアイス屋さん

[営業時間]11:00〜15:00

[備考]11月〜3月末はソフトクリーム・モンブランソフトはお休み

おちゃくりカフェ

[営業時間]9:00〜16:00

[定休日]木曜日

宿毛(すくも)リゾート椰子の湯

日帰り入浴が可能な宿泊施設で、ウリは冬場に見れる「だるま夕日」!

露天風呂からは目の前に広がる海と夕日を眺めることができて、旅の疲れを癒すのにぴったりです。

「魚のゆりかご」「天然の養殖場」といわれる宿毛湾で水揚げされた海鮮をいただけるレストランもあります。

ホテルから歩いていけるところに「咸陽島(かんようとう)公園」があり、海沿いを散歩することができるので、カップルや夫婦でロマンチックな時間を過ごしたい……という方にもおすすめです。

宿毛 咸陽島公園

[住所]高知県宿毛市大島17-27

[TEL](0880)65-81850

[営業時間]日帰り入浴 6:00〜8:30 / 13:00〜22:00

[駐車場]有り(無料)

[備考]入浴料金 大人 650円
         子供 300円 (小学生以下)
         ※3歳以下は無料

道の駅すくも

車中泊で利用させてもらった道の駅です。

飲食店もいくつか入っているのでこちらでご飯を食べることも可能です。

到着が夜になり写真を撮ることもできず、情報が少なくて申し訳ないですが、駐車場も普通車50台停めることができるので車中泊をするにはちょうどいい場所です!

[住所]高知県宿毛市坂ノ下1023-44

[TEL]0880-63-5030

[営業時間]7:30~18:00(店舗によって営業時間と定休日は異なります)

[定休日]不定休、年末年始

[駐車場]有り(普通車 50台)

2日目:海の絶景柏島・足摺岬

【目的地】

  • 柏島
  • 土佐清水さかなセンター
  • 足摺岬
  • 土佐ユートピアカントリークラブ(お風呂)
  • 道の駅ビオスおおがた

2日目は道の駅すくもを出発して高知の西端、柏島(大月町)と最南端の足摺岬(土佐清水市)へ!

柏島

「船が宙に浮いてるように見える!」

と、インスタにアップされた1枚の写真が話題になってから爆発的に人気になった柏島。

それほどまでに海の透明感があり、日本で見られる魚の3分の1に相当する1000種類が生息し、サンゴの群生も見られるとあってダイビングをする人で賑わう海の絶景スポットです!

柏島 青い海

四国本島から柏島に渡る橋のあたりでは、一部海水浴をすることもできるので多くの人が楽しんでいました!

柏島自体は非常に小さい島なので、周囲4キロしかないため歩いて1周することもできます。

ふらふらとお散歩しながらデートするにもおすすめ!

海水浴やダイビングをするなら1日楽しめる場所ですし、柏島を1周散歩しながら写真を撮れば半日は楽しめる場所です!

柏島 海遊び

[住所]高知県幡多郡大月町大字柏島

[駐車場]有り

[備考]駐車場は臨時駐車場のみ(終日500円/1台)

土佐清水さかなセンター

土佐清水市は「清水サバ」というブランドサバがあります。

すぐ近くを黒潮が流れ、潮流が早くエサが豊富な漁場なので身がしまったプリプリのサバが釣れるとあって他では味わうことができないサバです!

土佐清水さかなセンターにあるレストランではそんな清水サバを使った定食や丼、カツオのたたきやうつぼ料理が食べられるのでお昼時になると待ちができるほど賑わいます!

[住所]高知県土佐清水市清水932番地5

[TEL]0880-83-0151

[営業時間]8:00〜16:30

[駐車場]有り(無料)

足摺岬

四国最南端の地、足摺岬(あしずりみさき)。

足摺岬 灯台

海の力強さを感じられる迫力満点の場所です。

なによりも青い海がどこまでも広がる絶景に心が洗われる思いです!

断崖絶壁に打ち寄せる荒々しい波はいつまで見ていても飽きません。

足摺岬 駐車場から

灯台から20分ほど山道を歩いて行くと、「白山洞門」というハート形の洞窟を見ることができます!

足摺岬 白山洞門

波によって削られたこの洞窟は花崗岩(かこうがん)の洞窟としては日本一の規模で、ものすごく見応えがあります!

波打ち際まで容易に近づくことができますが、波が荒く危険なので近づき過ぎには注意してください。

[住所]高知県土佐清水市足摺岬

[TEL]0880-82-3155

[駐車場]有り(無料)
足摺岬先端50台/第一駐車場150台

土佐ユートピアカントリークラブ

お風呂を探してたどり着いた先は、なんとゴルフ場でした。笑

土佐清水市〜黒潮町あたりは日帰り入浴ができる施設を探してもあまりなかったのですが、たまたま見つけたのがここ、土佐ユートピアカントリークラブ。

少し年季の入った感じですが、1日の疲れを取るには十分すぎるほど。

この日車中泊する予定の「道の駅ビオスおおがた」に近いのもポイントです!

お風呂の写真などは公式HPの「施設案内」よりご覧ください。

[住所]高知県幡多郡黒潮町浮鞭3878

[TEL]0880-43-2345

[営業時間]12:00~18:00(風呂)
      受付は17:30まで

[定休日]なし

[駐車場]有り(無料)
普通車 150台

[備考]入浴料 500円

道の駅ビオスおおがた

ここの道の駅は、土佐西南大規模公園の一角になっていて、同じ敷地内には「Tシャツアート展」で有名な砂浜美術館の事務局も入っています。

砂浜美術館の事務局では、すなびスタンプで作るオリジナルTシャツ・エコバッグづくりが体験できるので、思い出づくりにも最適です!

詳しくは公式HP「すなびスタンプでTシャツづくり」のページへ!

道の駅には直売所で野菜やお弁当、お土産が買うことができたり、レストランでモーニングやランチもいただけます!

車中泊をして朝になるとなぜか近くでニワトリが

「コケコッコーォオオ!!!」

と叫ぶ声が……

車から降りてみると、ニワトリ2匹が普通に歩いてました……笑

ビオスおおがた ニワトリ

そんな珍しい出会いもできる、面白くてきれいな道の駅です!

土佐西南大規模公園の駐車場も直結しているので、車中泊にも困りません!

[住所]高知県幡多郡黒潮町浮鞭953-1

[TEL]0880-43-3113

[営業時間]直売所 7:00〜18:00
食 堂 ・モーニング 8:00〜10:50
・ラ ン チ 11:00〜17:00(L.O16:30)

[定休日]なし

[駐車場]有り(無料)
普通車 25台/土佐西南大規模公園に85台

[備考]入浴料 500円

3日目:四万十川下流でSUP体験

【目的地】

  • 四万十川 河口
  • 佐田沈下橋
  • 三里沈下橋
  • withRIVER (SUP・カヌー体験)
  • SHADE TREE COFFEE (カフェ)

四万十川 河口

私は四万十川源流点がある町、津野町に住んでいるのでどうしても

Left Caption

しまてぃ

源流の水がどのように海に流れて行くのか見てみたい!!

と思っていました。

最後の清流といわれる四万十川の最初から最後までを見てみたかったのです!

河口に行くにつれてどんどん川幅が広くなる四万十川。

四万十川 河口

それなのに水はやっぱり綺麗で、「最後の清流」と呼ばれるだけあるなぁと鳥肌が立ちました。

右岸、左岸からも四万十川の河口を見ることができますが、私の1番のおすすめは「真ん中」から見ることです!

四万十川 河口

詳しい場所については下記の記事にて紹介していますのでご覧ください。

佐田沈下橋

四万十川にかかる最も下流にある沈下橋で、観光客も一番多いところです。

ちゃんとした駐車場も整備されているのでアクセスしやすい反面、人が多すぎてゆっくり写真を撮りたい方にはあまり向いていません。

佐田沈下橋

ただし、「最下流にかかる沈下橋」で「最長の沈下橋」という付加価値がついていますので、四万十川に来たら絶対に見ておきたい沈下橋です。

もしゆっくり写真を撮りたいという方は、後述する「三里沈下橋」が比較的空いていて穴場ですのでおすすめですよ!

[住所]高知県四万十市佐田

[駐車場]有り(無料)

三里沈下橋

三里沈下橋は四万十川の下流から2番目にかかる沈下橋です。

with RIVER SUP (三里沈下橋)

前述した佐田沈下橋が人で溢れかえっていても、三里沈下橋は数人いるかどうかのレベル。

だからと言って魅力がないわけではありません!

すぐ近くに屋形船の発着所があるので、三里沈下橋の下を屋形船が通るのを見ることができます!

四万十川・沈下橋・屋形船の3ショットが撮れるいいスポットです。

すぐ近くにはSUPやカヌー体験ができる「withRIVER」さんや、行列が絶えないカフェ「SHADE TREE COFFEE」さんもあるので、いっぱい遊んで休憩するにはちょうどいい場所です。

[住所]高知県四万十市三里

[駐車場]なし(路肩に数台駐車可能)

withRIVER (SUP・カヌー体験)

四万十川に来たら、やっぱり見るだけじゃなくて思いっきり遊びたい!

ということでSUPやカヌー体験ができるwithRIVERさんにお世話になりました。

with RIVER(サップ・カヌー)

流れも穏やかなので、SUP初心者でもすぐに立つことができますよ!

四万十川の上を自由自在に動き回れるのがすっごく気持ちよくて、90分コースでも物足りないくらい楽しい時間でした!

奥さんは途中でSUPからカヌーに変更してもらっていましたが、そういう要望も快く受け入れてくださってスタッフの方には感謝です。

with RIVER カヌー(三里沈下橋)

体験の最後には、インストラクターに見守られながら沈下橋からの飛び込みも体験させてもらうことができます!

沈下橋からの飛び込みは水難事故も多いので、ライフジャケット着用でインストラクターが見守ってくださっている状況で飛び込みができるのは本当に安心できます!

体験中にはたくさん写真も撮っていただいて、無料でいただくこともできますよー!

with RIVER SUP 写真サービス

[住所]高知県四万十市三里1841

[TEL]0880-49-0119

[営業時間]10:00〜18:00(3月1日〜10月31日)
10:00〜17:00(11月1日〜2月29日)

[定休日]木曜日(GW・8月のみ無休)

[駐車場]有り(無料)

[備考]体験料(お手軽コース/初心者向け)
    ・60分コース 3000円/1艇
    ・90分コース 4000円/1艇

その他コースについては「withRIVER公式HP」をご覧ください。

SHADE TREE COFFEE (カフェ)

三里沈下橋から車で5分のところにある自家焙煎コーヒー店、SHADE TREE COFFEEさん。

東京から高知に移住されてきた夫婦が営むおしゃれなお店。

SHADE TREE COFFEE 外観

スペシャリティコーヒーを自家焙煎されているのでコーヒーはすごく美味しいのはもちろん、奥様のつくるケーキやタルトがめちゃくちゃ美味しい!!

SHADE TREE COFFEE コーヒーとタルト
SHADE TREE COFFEE チーズケーキ

スイーツを求めてたくさんの方がいらっしゃってるので、入店待ち覚悟で行かれることをおすすめします。

目の前には四万十川を眺めることができて、疲れた体を癒すのにぴったりな場所です。

営業日が日曜日と月曜日だけなので、タイミングを合わせて行ってみてください!

[住所]高知県四万十市三里2764-7

[TEL]050-5216-8614

[営業時間]13:00〜17:30(L.O 17:00)

[定休日]火曜〜土曜

[駐車場]有り(無料)

3日目は一時帰宅Day

3日目は、この先の日程を鑑みたときに自宅を一度通過するため、一時帰宅しています。

つきましてお風呂や車中泊できる道の駅の情報はございません。

4日目:オムライスと芋けんぴと仁淀川

【目的地】

  • 村の駅 ひだか
  • カフェレスト マンマ亭
  • 芋屋金次郎 本店
  • にこ淵
  • 本山さくら市
  • モンベル アウトドアヴィレッジ本山店
  • JOKI COFFEE (ヨキコーヒー)
  • 道の駅 土佐さめうら

村の駅 ひだか

日高村は高糖度のトマト、「シュガートマト」が、名産!

そんなこともあって村の駅ひだかではトマト製品が多く並んでいるのが特徴です。

特に、トマトソースがけのソフトクリームは意外な組み合わせですがめちゃくちゃ美味しい!

1個じゃ物足りないくらい美味しくてペロッといけちゃいます!

食べるのに夢中で写真を撮り忘れるという残念さですが、トマト好きな方であれば間違いなく天国な場所です!

レストランも入っているので、ここでご飯を食べることもできます。

[住所]高知県高岡郡日高村本郷1478−9

[TEL]0889-24-5888

[営業時間]8:00〜18:00

[定休日]12/31午後〜1/2

[駐車場]有り(無料)

カフェレスト マンマ亭

日高村特産のシュガートマトを使った町おこしとして始まった「オムライス街道」

村の飲食店9店舗が参加していて、その中の一つが「カフェレスト マンマ亭」です。

店主が大の矢沢永吉ファンということもあり、店内の随所に矢沢愛を感じることができます!笑

THE オムライスといった佇まいで提供されるその姿に思わず

Left Caption

しまてぃ

美しい……ッッ!!

とため息を漏らさずにはいられません。

もちろん美しさだけでなく、濃厚なトマトピューレを使ったチキンライスと丁寧に包まれた卵、そしてトマトソースの相性は言わずもがな。

「久しぶりにこんな美味しいオムライスを食べた!」

と大満足です!

※写真データが消えたため後日撮影できたときに写真追加します。申し訳ありません……!

[住所]高知県高岡郡日高村下分1706-1

[TEL]0889-24-7916

[営業時間]7:30〜19:30 (L.O19:00)

[定休日]日曜日

[駐車場]有り(無料)

芋屋金次郎 日高本店

芋けんぴ大好き夫婦にはたまらない場所、芋屋金次郎。

芋屋金次郎 外観

お土産や贈答用にもぴったりな高級感あふれる芋けんぴのお店です。

芋屋金次郎 芋けんぴ スイートポテト

通常の芋けんぴや塩けんぴが美味しいのはもちろんですが、直営店でしか買えない「揚げたて芋けんぴ」は完全に別格の美味しさ!!!

今まで数多くの種類の芋けんぴを食べてきた夫婦ですが、芋屋金次郎の揚げたて芋けんぴが過去最強に美味しいとの結論です。

ちなみに、ファミリーマートの芋けんぴは芋屋金次郎を展開する渋谷食品(株)が製造しています。

コンビニで買える芋けんぴの中では一番美味しいですよ!

[住所]高知県高岡郡日高村本郷573-1

[TEL]0889-24-7476

[営業時間]10:00〜19:00

[定休日]年末年始

[駐車場]有り(無料)

にこ淵

にこ淵は「仁淀ブルー」で人気急上昇中の仁淀川の支流、枝川川の上流域にあります。

真上から太陽の光が差し込むと、息をのむほど美しいブルーの滝壺を見ることができます!

にこ淵

道路からにこ淵に降りていく道は、かなり急で狭い登山道になっていますのでサンダルやヒールはオススメしません。

雨が降ったあとなどは服が汚れる可能性もあるので、汚れてもいい服装と滑りにくい靴で行くのがオススメです!

登り降りが非常に大変でしんどいですが、それでも「行ってよかった!」と思わせてくれるだけの美しさがあります。

[住所]高知県吾川郡いの町清水上分1278

[TEL]088-893-1211(いの町観光協会)

[駐車場]有り(無料)

本山さくら市

本山町にある直売所、「本山さくら市」では採れたての野菜がかなり多く並んでいます!

旅行中にはなかなか買うのは難しいですが、地元の野菜を眺めているだけで楽しい気分になれます!

嶺北牛や土佐ジロー(鶏)、キジ肉など珍しいお肉もたくさん並んでいるのが特徴。

ただ、ここでぜひ手にとって欲しいのが「クロモジ茶」!

クロモジ茶 パッケージ

香りがとってもよくて高級楊枝などにも使われるクロモジの木は、実は煮出してお茶として飲むこともできます!

クロモジ茶 内容

日本の和ハーブと言われるだけあって、香りがすっごく爽やかでハーブティが好きな人は間違いなくハマります!

なんといっても嬉しいのはその効能で、

  • 冷え性予防
  • 便秘解消
  • ガン予防
  • 肝機能改善

などなど、そのほかにもたくさんの効能があります!

それもそのはず、薬用養命酒に一番多く配合されているのがこのクロモジとのこと。

詳しいことは生産者の方がブログ記事にされているので、「セイカの暮らし便り」をご覧いただくと理解が深まりますよー!

[住所]高知県長岡郡本山町本山582-2

[TEL]0887-76-2252

[営業時間]7:00〜18:00

[定休日]年末年始

[駐車場]有り(無料)

モンベル アウトドアヴィレッジ本山店

先ほどの本山さくら市から車で1分ほどのところにあるアウトドアショップ、モンベル。

モンベルアウトドアヴィレッジ本山

本山町のあるエリアは「嶺北(れいほく)」と呼ばれていて、ラフティングの聖地、吉野川があるのでアウトドアをするには最適な場所!

敷地内にはモンベルストアだけでなく、宿泊できるコテージや、ピザ・カレーなどが食べられるレストラン、入浴施設があるという充実っぷり!

モンベルアウトドアヴィレッジ本山 施設

モンベルストアでは本山店限定デザインのTシャツも売っているので、記念に買っていくのもおすすめです!

[住所]高知県長岡郡本山町本山2133-1

[TEL]0887-72-9670

[営業時間]9:00〜18:00 (GW・8月のみ8:00〜18:00)

[駐車場]有り(無料)

JOKI COFFEE (ヨキコーヒー)

北欧調のコテージのようなおしゃれな空間で自家焙煎コーヒーをいただけるお店です。

JOKI COFFEE(ヨキコーヒー)

「長く続くいいものを提供したい」というオーナーの強い志が、コップ1杯のコーヒーからひしひしと伝わってくるのがよくわかります。

JOKI COFFEE(ヨキコーヒー) コーヒー カフェオレ

コーヒーって何を飲んでも「コーヒー」と一括りにされがちですが、実は産地によって、製法によって、焙煎度によって、全く味が異なる飲み物です。

ワインであれば生産国によって、ボディ感によって、赤白によって味が違うというのは多くの人がなんとなくでも認識しているかと思いますが、実はコーヒーも同じ。

そんなコーヒーのことを単純に多くの人に知って欲しいというオーナーの思いは、メニュー表を見ればよくわかるのではないでしょうか。

単純に美味しいコーヒーが飲みたい、ちょっとコーヒーのことを深く知りたいという方、JOKI COFFEEさんはまさにぴったりの場所だと思います!

[住所]高知県長岡郡本山町本山521-1

[TEL]0887-72-9309

[営業時間]10:00〜17:00 (L.O 16:30)

[駐車場]有り(無料)

道の駅 土佐さめうら

道の駅土佐さめうらにはコインシャワーがあるので、ここで汗を流すとともに車中泊をさせていただきました。

小規模な道の駅ですが、カップラーメンの自販機が置いてあるなど食べ物にも困らないのでここで全て完結してまいます。

もしちゃんとしたお風呂に入りたい!という方は、モンベルアウトドアヴィレッジ本山か、さめうら荘で日帰り入浴することができますので安心してくださいね!

[住所]高知県土佐郡土佐町田井448-2

[TEL]0887-82-1680

[営業時間]9:00〜18:00

[定休日]第1・3火曜日(祝祭日は除く)

[駐車場]有り(無料)

[備考]コインシャワーは男性2室、女性1室
8分100円
    18時以降の利用については地蔵庵(電話番号:82-2391)に問い合わせ

5日目:ラフティングの聖地、吉野川

【目的地】

  • リオブラボー!(ラフティング)
  • 龍馬の湯
  • 道の駅やす(ヤシィパーク)

この日はラフティングで体力をかなり消耗することが想像できたので行程はシンプルに!

リオブラボー!(ラフティング)

ラフティングの聖地、吉野川で初めてのラフティングをするのにお世話になったリオブラボー!さん。

スタッフさんはすごく丁寧に身の安全を守る方法を教えてくださるので、全くの初心者でも安心してラフティングをすることができます!

リオブラボー ラフティング2

リオブラボー!さんの公式HPには「ツアー参加までのステップ」が詳しく書かれているので、初めてで何が必要かわからない!という方でもしっかり理解することができます。

今回は半日の「大歩危(おおぼけ)コース」に参加しましたが、4つの激流を下っていくスリル感は半端じゃないです!

途中の流れが穏やかなところでは吉野川に入って水遊びができたり、6mくらい高さのある岩から飛び込みをやってみたり。

夏の思い出を作りたい!と思っている方には絶対にオススメできます!

リオブラボー ラフティング

[住所]高知県大豊町磯谷142

[TEL]0887-73-1222

[営業時間]8:00〜19:00

[定休日]シーズン中は無休

[駐車場]有り(無料)

[備考]無料で使える更衣室・シャワー有り

龍馬の湯

ラフティングで疲れた体を癒すならここ、龍馬の湯。

大豊町からまっすぐ下に、海沿いまで降りてきますが、信号もほとんどなく快適に走ってくることができます。

ここは高知黒潮ホテル内にある天然温泉で、日帰りでも利用可能です。

露天風呂やサウナもあるのでゆっくりと疲れを取ることができます!

館内の休憩スペースは自由に使うことができるので、一休みしてから帰ることも。

詳しくは「高知黒潮ホテルの公式HP」をご覧ください。

ちなみに、もしここまでの途中で観光をしたい!という場合、

  • 龍河洞(日本三大鍾乳洞)
  • アンパンマンミュージアム
  • のいち動物公園

があります!

[住所]高知県香南市野市町東野1630

[TEL]0887-56-5900

[営業時間]10:00〜24:00 (札止め 23:30)

[定休日]年中無休

[駐車場]有り(無料)

[備考]入浴料 大人 900円
        子供 450円 (0歳〜2歳までは無料)

道の駅やす(ヤシィパーク)

直売所、レストラン、ファッション雑貨などいろんなお店が入った道の駅やす。

海の公園、ヤシィパークとも繋がっているのでふらふらとお散歩するにもうってつけな場所です!

ヤシィパーク

道の駅内にあるインド料理レストランの「MaSaLa」では、本格的なカレーとナンが食べられ、夜まで営業しているのでここで車中泊をするならぜひ食べて欲しいお店です。

駐車場もたくさんあるので安心して車中泊することができますよ!

ただし、直売所のオープン前には生産者の方々が納品で来られるので少し賑やかになります。

状況によっては車の移動などの可能性もあるので、なるべく邪魔にならないよう配慮が必要になるかもしれません!

[住所]高知県香南市夜須町千切537-90

[TEL](0887)57-7122

[営業時間]MaSaLa 11:00〜21:30 (L.O21:00)

[駐車場]有り(無料)

[備考]その他ショップの情報については「道の駅やす 公式HP」をご覧ください。

6日目:ゆずの名産、馬路村と幻の地鶏土佐ジローを味わう

【目的地】

  • 伊尾木洞
  • 大野台地
  • ゆずの森/うまじのパン屋
  • 魚梁瀬森林鉄道(丸山公園)
  • はたやま憩いの家

この日は旅の中で唯一宿泊施設に泊まった日。幻の地鶏「土佐ジロー」を味わい尽くす!

伊尾木洞

国道55号沿い住宅街の中に、突如現れるシダに覆われた洞窟。

ここだけ大昔にタイムスリップしたような、不思議な空間に思わず息を飲みます。

伊尾木洞

伊尾木洞のある場所はもともと海だったそうで、波の浸食によって岩が削られてできた天然の洞窟だそうです。

ここには40種類ほどのシダが生息していて、1箇所にこれほど多くの種類が共生しているのは大変珍しいのことで国の天然記念物にも指定されています。

伊尾木洞 シダ

道がぬかるんでいることもあるので、汚れてもいい靴か、駐車場においてある無料のレンタル長靴を履いていくことをおすすめします!

[住所]高知県安芸市伊尾木117

[TEL]0887-34-8344(安芸観光情報センター)

[駐車場]あり(無料)

[備考]駐車場は国道55号線沿い、Kマート跡に駐車

大野台地

今回の旅の中で一番好きな絶景に出会えた場所。

観光地化されているわけでもなく、情報も少ないのであまり期待はせずに向かいました。

地元の方のための狭い生活道路を進み、大野集会所に車を止めて周囲を歩いてみると鳥肌が立つくらいの絶景が見えて、思わず大興奮……ッ!

大野台地

映画のワンシーンかと思うような大絶景にしばらくその場を離れることができず、ひたすら写真を撮ったり散歩したりしていました。

大野台地(大野集会所)

人も少なく、ゆっくりと過ごせる場所なのでドライブデートなどにもおすすめしたい場所です!

[住所]高知県安芸郡田野町5034

[TEL]0887-38-2813(田野町役場まちづくり推進課)

[駐車場]あり(無料)

[備考]専用駐車場はなし、大野集会所に駐車可能

ゆずの森/うまじのパン屋

高知県の東部、中でも内陸の方に入っていくとコンビニなどお店が全く無くなります。

ひたすら山道と向き合って走っているとだんだん疲れも出てきますが、そんなときに是非立ち寄りたい場所。

ゆずが名産の馬路村にある直売所、「ゆずの森」では高知県の代表的なお土産「ごっくん馬路村」を始めとした、たっくさんのゆず商品が並んでいます!

ゆずの森の店 外観

ここ以外ではなかなか見ることのできないゆず商品もあって、私はゆず風味のタバスコ「ゆずカラッソ」や、パスタやお肉に合う「ゆずこしょう油」を買いましたが、もっと買えばよかった……と思うほどやみつきになります!

ゆずの森の店 内観

ゆずの森の隣には、馬路村唯一のパン屋さんも併設しています。

ハード系のパンを得意としていますが、ソフト系のパンも充実しています!

うまじのパン屋

コーヒーは店主の昔からの付き合いがあるというコーヒー屋から仕入れ、それを丁寧にハンドドリップしていただけます。

店内には飲食スペースもあるのでゆっくりと休憩することもできます。

[住所]高知県安芸郡馬路村馬路3888-1(ゆずの森/うまじのパン屋)

[TEL]0887-44-2323(ゆずの森)
    0887-44-2555(うまじのパン屋)

[駐車場]あり(無料)

魚梁瀬森林鉄道(丸山公園)

かつて林業で栄えた馬路村を支えた森林鉄道。

山から伐り出された木材だけではなく、人や生活物資を運んでいた蒸気機関車は、魚梁瀬ダムの完成とともにその役割を終えました。

そんな森林鉄道を復元したものが丸山公園にあり、実際に乗車することも可能です。

丸山公園(魚梁瀬森林鉄道)
丸山公園(魚梁瀬森林鉄道)ポートレート

敷地内には温泉施設「やなせの湯」もあるので、旅の疲れを癒すのにもぴったりです。

公園からほんの少し歩けば魚梁瀬ダムを眺めることができますので、ゆっくりと自然に触れながら散歩したいという方にもおすすめです。

魚梁瀬ダム

[住所]高知県安芸郡馬路村大字魚梁瀬字丸山

[TEL]0887-43-2211(馬路村役場 魚梁瀬支所)

[駐車場]あり(無料)

[備考]森林鉄道の運行は日曜・祝日のみ(8月は土曜も運行)

はたやま憩いの家

高知県の地鶏、土佐ジローは卵の生産が主のニワトリですが、そんな地鶏を唯一食肉用として育てていて、土佐ジローのフルコースを堪能できる宿泊施設がここ、はたやま憩いの家。

はたやま憩いの家
Left Caption

しまてぃ

とはいっても鶏肉は鶏肉でしょ……?

と、行くまでは思っていた自分をビンタしたいくらい、その味に感動します。

その周囲には立ち寄るところも一切なく、市街地まではすれ違いの難しい道を1時間弱走らなければなりません。

それでも、日本全国から数多くのリピーターが土佐ジローを食べるためだけにわざわざ来ている、といえばそのポテンシャルがわかるでしょうか。

あまり多くを語るより、とにかく直接足を運んで食べてもらったらわかると言いたいところですが、どんな料理が堪能できるかだけお伝えしたいと思います。

今回お願いしたのは土佐ジローのフルコース。

以下の料理が楽しめます。

●たたき

はたやま憩いの家 土佐ジロー たたき

●炭火焼き

はたやま憩いの家 土佐ジロー 炭火焼き

●すき焼き

はたやま憩いの家 土佐ジロー すき焼き

●親子丼

はたやま憩いの家 土佐ジロー 親子丼

朝ごはんには土佐ジローの濃厚で新鮮な卵を使った卵かけご飯や、買って帰りたいくらい美味しいアメゴ(川魚)の干物が出ます。

はたやま憩いの家 土佐ジロー 卵かけご飯 朝食 アメゴ

THE 和食。

日本人でよかった。

そんな感想が自然とこぼれます。

[住所]高知県安芸市畑山甲982-1

[TEL]0887-34-8141

[定休日]水曜

[駐車場]あり(無料)

[備考]ランチ営業あり(11:00〜15:00)
    公式HP URL:http://tosajiro.com

7日目:台風中継で有名な室戸岬とむろと廃校水族館

【目的地】

  • 室戸岬
  • むろと廃校水族館

旅の最終日は、海の絶景に感動して動物たちに癒される。

室戸岬

台風中継で有名な室戸岬。

Left Caption

しまてぃ

地球って本当に丸い……!!

と感想の二言目には出てくるほど丸く見える場所です!

室戸岬 灯台

海岸沿いを走っていると、遠くからでも半島が大きく太平洋に突き出しているのがわかるほど独特な地形をしています。

また、海岸線はゴツゴツとした岩が並んでいて、自然が作り出した雄大な絶景を見ることができます。

室戸 海岸

展望台は恋人の聖地にもなっていますので、ぜひカップルで訪れてみてください!

[住所]高知県室戸市室戸岬町

[TEL]0887-22-0574(室戸市観光協会)

[駐車場]あり(無料)

むろと廃校水族館

小学校の雰囲気はそのままに、そこにあるものをそのまま活用した展示がなんともユニークな水族館。

むろと廃校水族館 外観

オープンから半年で来場者数が10万人を突破するという、大人気の水族館です。

むろと廃校水族館はもともとは小学校でしたが、2006年に廃校となってしまいました。

その廃校になってしまった小学校を活用しようと、2018年に水族館としてリニューアルされました。

跳び箱や25mプール、廊下の手洗い場など、学校にあるものを活用した展示に思わず「懐かしい!」と言いながら、大人でもキャーキャーしてしまいます!

むろと廃校水族館 跳び箱の水槽
むろと廃校水族館 手洗い場

子供よりむしろ大人の方が、懐かしさに時間を忘れて楽しんでしまいそうです!

案の定、わたしたちもいろんなところで写真を撮りたくなり、ついつい長居をしてしまいました。

むろと廃校水族館 教室

ウミガメやハンマーヘッドシャークなど50種類もの魚が展示されていて、そのほとんどは地元漁師さんの網にかかったものや職員さんが釣り上げたもの。

むろと廃校水族館 ウミガメ
むろと廃校水族館 アシタカガニ

ほかの水族館では味わえない雰囲気をぜひ味わってみてください!

[住所]高知県室戸市室戸岬町533-2

[TEL]0887-22-0815

[定休日]なし

[営業時間]9:00〜18:00(10月〜3月は17:00まで)

[駐車場]あり(無料)

[備考]入館料 高校生以上600円 小・中学生300円

まとめ

今回の旅では、高知県の絶景と美味しい食べ物に存分に触れることができました。

自然に恵まれていて山・海・川すべての絶景を見ることができる高知県は、なんとも贅沢な場所だと思います。

ストレス発散して気分転換したい方。

雄大な自然に興味がある方。

美味しいものを食べてリフレッシュしたい方。

ぜひ今回紹介した場所を巡ってみてください。

写真で見る以上に美しく、感動すること間違いなしです!